学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2017/11/9「あるべき人徳」

11/9(木)

2:30寝6:30起。また寝坊しました。飛び起きて着替えて昨日淹れて飲み忘れて冷めたコーヒーだけ口に入れて家出た。ので朝ご飯はコーヒー。昼ご飯は学食の焼きたてメロンパンとコーヒー。晩ご飯は墨繪のオニオンパン2個。

f:id:imkotaro:20171109130328j:image

セブンのホットコーヒーL150円です。美味しい。

 

・朝バイク 20km 自走

→キツさ6。風強死。重めのギアでガシガシ?ではないな、グッグッって感じで漕いだ。そういえば1年生の頃は「引き足が大事!」とか思って下手なりに意識してやってたな~っていうのを思い出したんだけど、冷静に考えたら引き足よりも踏み足の方が伝えるパワーは圧倒的に大きいんだからつまり踏み足の方が大事でいかに踏み足のパワーを推進力に効率良く変えられるかを重視するべきだよね。そりゃもちろん引き足が上手いことに越したことはないけど、何よりともかくまずは踏み足でしょ。いや、まあそうやって色々考えて試行錯誤する過程も大事なんだけどね。そんなことをふと思い返していました、いやあ懐かしい。

 

・朝スイム 

w-up 400*1 skps

swim 100*3 UW

swim 100*3 IM 1'55 (1'30,1'32,1'32)

swim 200*2*3 #1:form #2:EN3 #3:hard (-)

down 200*1 

→キツさ4。人が少なすぎて気が滅入ったので1,2年生をみることにした。のでスイムIMで切り上げました。見た感じ、タイムの読み方(サークルの把握、いつ出ればいいのかとかどれくらいで返ってくればいいのか等)がわかってないんだなあというのと、メニューの意図もわかってない。これは僕も以前はそうで、仕方ないんだけど仕方なくないんだよね。というのも僕も水泳をスクールとかで習った経験はない人だから、1年始めの頃は「はいこれ今日のメニュー」って渡されても何をどうすればいいのかわからなかった。さすがに今はわかるけど。

今日のメニューで言えばスイム200m2本3セットがメインなんだなーっていうのはわかるけど、たぶん2個目のスイム100m3本UWとか100m3本IMを何のためにやるのか、どういう効果があるのかとかはわかってない。から、なあなあでやっちゃうし薄い効果しか望めない練習をしている(これが仕方ない理由)。でもこれって考えてみれば言い訳でしかなくて(ここからが仕方なくない理由)、せっかく練習をしているんだからそれなりに、自主的に取り組むべきだし、メニューを説明する時間は設けているんだからわからなければ練習長なり先輩なりに聞くべきだし、何よりそういう努力をするのがあるべき人徳だと、あるべき良心だと思っているのでやらなきゃダメ。もし言い出しづらいような状況を作り出しているならそれは改めるべきだし、気づいていないなら気づくべきだし、気づいていなさそうにしてたら声かければいいじゃん。でも、実際はやってないしできてないんだよね。

そういうところが体育大会系ってマジで面倒くさい。「上下関係が~」とか「気を遣うから~」とか「言いづらい~」とか。僕ははっきり言ってそういうの嫌いだし邪魔だし無駄だと思ってるので、七面倒くさい伝統とか暗黙の了解みたいなのはドンドン排除していくべきだと考えています。見栄や経年で取り繕った自分像でなくても、毎回練習に参加するとか朝ちょっと早く来て練習道具(プルブイとかウォッチとか)を準備しておくとか率先して声出しするとかみたいな、そういうところで人は見られるんだから下らないプライドなんて捨ててもっと貪欲にアグレッシブに結果なり楽しさなりを追求していけば、きっとその姿勢を皆んな尊敬して尊重して認めてくれると思うんだけどな。まあこれは机の上の話かもしれないし、僕のそうあって欲しいという理想論だけど、そういう理想を求めて伝えて工夫していかないことには何も始まらないから大切なことだよ。本当に。(※一応言及しておくけどこれは悪口でも皮肉でも何でもないから変な誤解はしないでくださいね。純粋にこんな風が良いよねって話で、別段何かあった訳でも誰かを指してる事も愚痴でも何でもないので悪しからず。)

普段あれだけふざけて不真面目で不健全でテキトーで遊び呆けている奴が何のこっちゃとか思うかもしれないけど、根はまじめな人なんで実はこんな感じです。まあ、ある程度はわざとやっている節もあるので否めませんが。

そんな朝スイムでした。まあでもみんなやる気も勝ち気もあるって事はビンビン伝わってくるから、それをどう過程と結果に結び付けられるかだよね。幹部の腕の見せ所っしょ。ア〜〜〜〜〜自分で言ってて自分に刺さるの辛い!!!!

 

・夜バイク 20km 自走

→キツさ7。海岸線10kmだけ真面目に漕いだ。立ち上がりしっかり、スピード出したらキープ、楽に速く。「楽に速く」、本当に大事。スイムにしろバイクにしろランにしろ常に意識してもっと楽にならないかもっと速くならないかずっと考えてます。ずっと考えられるテーマです。ずっと楽しめる理由でもあります。ずっと楽しみましょう。

 

 

---------------

11/9 20:06

という一日でした。これから課題を消化して本日終了です、さてもう一頑張り。