学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2017/11/16「見とけよまじで。」

11/16(木)

2:30寝6:00起。朝ご飯はカップスープ(コンソメ)とマグオン。昼ご飯はコーヒー。晩ご飯はカップスープ(ポタージュ)。

 

f:id:imkotaro:20171116202844j:image

昼ご飯(セブンのホットコーヒーLサイズ)です。

 

・朝バイク 20km 自走

→キツさ8.5。家出てすぐのところでcanyonの真っ黒なultimateに乗っためちゃくちゃ速い人にすっと抜かされて飛び付いた。今でも不思議でしょうがないんだけど、その抜かされた瞬間に「(あっ速い人だ→付いていこう)」って直感して一切の躊躇なしに追いかけたんだよね。本当その時の自分が面白くて不思議でしょうがない。ちょっと冷静になって考えれば「(次の信号でどうせ止まるし出させよう)」とか「(このスピードじゃついていけなさそう)」って考えるのに、その時の直感は確かに「(この人に付いていけば速い)」って言ってた。から、追いかけたんだ。無意識のレベルで「楽に速く」が染み付いてる、良い傾向。

僕がいつも134号線を走ってるときのスピードはおおよそ37~41km/hなんだけど、その人は体感43~48km/hでゴリゴリ走るからはちゃめちゃに速くて付くだけ付いてもズルズル離されるくらい。とにかく出力が違いすぎる、立ち上がりの0~30km/hまでの加速は付いていけるけどそこからの30~45km/hの加速が段違いすぎてもう無理。それでもなんとか視界に入る範囲内の差に収めて信号で追いついてまた立ち上がりで離される、っていうのを続けてもうヒーヒー。久々に実走で追い込めた、今度会ったらお礼言います。まだまだ上には上がいるということを身を以て再確認させられたのでちょっとバイクのやる気出てきた。ありがてえ~。

 

・朝スイム 2700m

w-up 400*1 skps

kick 100*3 UW 2'00(1'50,1'54,1'57)

swim 100*3 IM 1'45(1'29,1'34,1'37)

swim 200*6 EN3 3'05-3'10 last50mH-up(2'54,2'59,3'02,3'02,3'01,3'01)

swim 100*1 hard(1'16)

swim 100*1 hard(1'17)

down 200*1 

→キツさ8.5。アップから既に身体全体が重くて、一昨日のスイム練で腕が筋肉痛なのに加えてさっきのバイクで脚削られてる。満身創痍かよ。こんな時のために常備しているマグオンを補給して臨んだ。たぶんこれがなかったら最後のスイム100mハード耐えられなかったと思う。キックUWは2分サークルでキッチリ回ることを意識、まあ及第点。100m3本IMはサークル決めずに1本目を8割弱くらいで突っ込んだら思ったより辛くて1'45サークルに妥協してしまった。2、3本目は案の定垂れてしまいサークルの判断は良かったけど1本目突っ込んだことを反省。たぶん1本目を抑えて1'33くらいで入れば1'40サークルで3本回れるでしょ。今日僕は6コースで泳いでいたんだけど、8コースの陽和が1'30サークル、7コースの聖奈が1'40サークルで泳いでて差を感じたよね。壁とか揶揄すると本当に壁になっちゃいそうだから差って言ってる。どうでもいいですねはい。

メインセット200m6本は勝手に内容変更してEN3、レースペースくらいの強度にした。なるべく3'05で回りたいけど無理そうだから3'10までは許すと決めて入った。1本目は良かったけど2本目ですでに3'05ギリギリ、3本目から3'10に落としてなんとか4,5,6と踏みとどまれた。最後2本3'01で入れたのは上出来。メインセットを終えた流れで100mハードを勝手に一人でやって果てていたらさあみんなでやるみたいな感じ(実はまだみんな100mハードやってなかったから)になって「まじか!?」と思わず情けない声が出た。切り替えて2本目は隣の聖奈と競ってあわよくば勝てるよう狙っていったけど62.5m辺りからの伸びに全く付いていけず、上がってプール1周してからの25mダッシュでも巻き返せず。悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい!!!!!!!!練習終わった後に話を聞いたら、「100mでも25mでも煽ってやったわ」「こいつ追い付きたいんだろうな~プププとか考えてたよ」的な事を言われてアアアアア~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!

卒業までには追い付いてやるわ絶対、見とけよまじで。最後に追い込めてめっちゃ良い練習になりました。

 f:id:imkotaro:20171116110005j:image

マグオンのラフランス味。美味しい。

"A goal is a dream with a deadline."

 「ゴールは期限付きの夢だ。」的な意味ですかね。ちょっとした一言だけど本当やる気になるよね、そういうとこマグオン好きだよ。

 

・夜バイク 20km 自走

 →キツさ7。チームの夜ラン練習の様子見てサッと帰宅自走。今朝の感覚を思い出しながら立ち上がりでゴリゴリ踏んでスピードに乗ってからも重めのギアでグッグッグッと。普通に疲れたのでキツさ7。寒かった。

 

 

さて、余談になりますが僕と同期に当たる学生トライアスリートのわたり氏がアメブロにて練習日誌を始めたようなので勝手に紹介します。

僕と彼の競技成績を比べると完全に僕の上位互換です。加えて肩書も「Afro-Q」「元総代表」「面白い」と3拍子揃って勝てる要素ゼロです。悲しい。どうせ面白可笑しくかつ有益な記事ばかり書いてくれるでしょうから読みましょう。そしていいねやコメントをしてもっともっと学生トライアスリート界隈をブログで盛り上げましょう!まあ正直なところこれ以上強くなられてしまうと本当に勝ち筋が全く無くなってしまうのでやめて頂きたい一心ですが、トライアスロン業界が盛り上がって欲しいというのもまた本音なので非常に複雑な気持ちです。。。

どうでもいいことなんですけど、いや、どうでもよくはないんですけど、僕は文章を読むのも書くのも好きなので練習日誌を書いている人たちにはぜひもっと文量のある(内容の濃い)記事を書いて欲しいし、書いてない人はぜひ書き始めてほしいです。ついでに言うとアメブロは見づらいし編集しづらいからはてなブログで書いて欲しいというのもありますがまあそこら辺はいいでしょう。つまり何が言いたいのかというと、僕は僕みたく全く推敲していない文章が読みたいんですよ。このブログのように練習中に何を考えていたのかとか、起こったことに対してどう感じたのかとか、どう思ったのかとか、どういう思考や理論でその結論に至ったのかとか、そういうところが知りたいんですよね。

ぶっちゃけ僕は人の見た目とか仕草とか何を食べたとか何を聞いて楽しかったみたいな生活面には興味が無くて、その人の頭の中がどうなっているのかが知りたいんです。何かに触れたり感じたりしたときに何をどう考えてどう思って、それを文章にしたときどんな文体や言葉や選ぶのかどこに句読点を打つのかどこで改行するのかというフィルターにこそ、その人の素顔というか本質があると思いませんか。どうでもいいことかもしれませんが、僕にとっては重要で有意義なことなのです。そしてそれはきっと文章でしか伝わらないことだし文章だからこそ伝えられることなので、みんなもっと文章を書こう。ということです。

僕のブログなんかは文量が多いだけで大したことは書いていませんが、それだけアウトプット量が多いということはつまりあれやこれや色々考えながらやっているのでインプット量も多いということになるんですよね。それはブログをやっているから、あとで記事にしたときにきちんと文章にして書き起こせるように感じたことに対して何を考えて何をどう思ったのかを覚えておかないといけなくなるので主体的に練習に取り組まざるを得なくなり、結局どうなるかと言うと練習の質がグンと上がるんですよね。これは後付けの理由だしブログを始めた根元の理由とは逸れるけれど、結果が良ければ別にいいでしょ。まあどれだけそこ(競技或いはブログ)に熱量や時間や手間を割くかは人それぞれでいいと思うけど、良い練習をしたいならまず練習日誌をブログで付けることをお勧めします。いや本当に効果あるよ。プラスにならなかったらこんなん続けてないしね。それにこの記事では3500字近く書いてるけど45分程度しかかけてないし。やるかやらないかなんだよね、所詮。やる人は誰に言われずとも勝手にやるしやらない人は何やかんや言い訳してやらない。別にそれでもいいけど、せっかくトライアスロンやってるんだからもっと楽しめばいいのにって思うよ。長すぎてキリが悪いからもう終わりにしますが、僕がこういうことを考えてやってるってことが多少なりとも伝われば本望です。

楽しんでやっている。楽しいからやっている。

 

---------------

 11/16 20:36