学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2017/11/28「YDK」

11/28(火)

2:00寝6:00起。朝食は春雨スープ。昼食はコーヒーとグミ。晩ご飯は芋煮etc。

 

f:id:imkotaro:20171128142208j:image

 昼ご飯のコーヒーとグミです。

UHA味覚糖の「山形グミおきたまデラウェア」美味しいです。140円だったか、ちょい高めですが好き。山形で果物と言えばさくらんぼってイメージだったけど葡萄も有名なんですかね。

 

 ・朝バイク 20km 自走

→キツさ7。遅刻気味だったので急ぎ目で。重いギアでグッグッグッと。漕いでて「あ、そういえばもう1ヶ月近くギアドライブ周り掃除してないわ...」って思って萎えた。流石にそろそろ掃除しないとやべえ。というか実はホイールも振れに振れていてたぶん寿命なんだよね。そりゃ35000km以上酷使してたらそりゃ振れるよなとは思うけど。大学1年の5月にロードバイクを買って初めて乗ってから今(2017年11月28日現在)まで約37500km乗ってる。このペースだと来年の夏頃には4万km、およそ地球一周分走ったことになる。丸3年で地球一周分できると考えると、案外自転車で世界一周ってチョロいのでは?とか思う。金さえあれば喜んで行くわ。

完全な余談だけど、僕が中学生の頃は本気で世界一周を自転車か原チャでしようと思っていたのね。んでそこまで真剣に考えるように至った本があるので紹介します。

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)

 

 石田ゆうすけさん著の『行かずに死ねるか!』です。自転車で世界一周する旅行記で、読み口が軽く当時中学生の自分にも分相応な文章でスラスラ読めます。し、全章めっっっっちゃ面白いです。読んでいてつい人目を憚らず笑ってしまう場面も、「僕もそんな景色を見てみたい」と憧れる場面も、読むスピードがグッと落ちて冷や冷やドキドキする場面も、旅の思わぬ僥倖に読み手すら嬉しくなるような場面も、泣けてしまう感動の場面もあって、とにかく面白いから読んでください!!!!!!!!ってくらいオススメの一冊です。何十回と読んでいるのに半年に一回は不思議と手に取ってしまう大大大好きな旅行記です。僕のポジティブ思考とかアグレッシブ姿勢はこの本による影響が強いですね。あと海外旅行を始めたのもこれがきっかけだ。確か初めて読んだのは中学1年生くらいだったかな、良い時期に良い本に出合えたと思っています。本当に素晴らしい、とっても元気になれる本なのでぜひ。文庫でも出ていますよ。余談終わり。

 

 ・朝スイム

w-up 400*1 IM/skps

kick 100*3 UW 2'00(1'53,1'55,1'56)

swim 100*3 IM 1'40(1'33,1'35,1'37)

swim 200*8 IM 3'20-3'30(3'15,3'17,3'20,3'23,3'24,3'24,3'24,3'22)

down 200*1 

→キツさ8。見ての通りIMメインのメニューなので気合入れて。キックは2分サークルをキッチリ回れるようになってきて本当に感動、成長って素晴らしい。スイム100mIMも3本程度は余裕持って回れる。が、メインセットが控えているので攻めず置きに行ってさあ200m8本。設定が3'15~3'30なのでまずは3'20から始めてキツそうになったら3'30に落として最低限そこで堪える、という感じで入ったら1本目3'15で「あ、このままのペースだとキツいな」と考えている間に2本目で3'17、3本目3'20になってしまったので4本目から3'30ペース。そこからは何とか良いペースで刻めたのでまあ及第点でしょう。それにしても隣で泳いでるスイマーは3'10、3'00ペースとかで泳いでてはーすっごい。まだまだです。まだまだまだまだです。

 

 ・夜ラン

2.5kmコース3周回 ペース走(キロ4'00)

→(10'00,9'59,8'15)

キツさ9.5。ペース走と言う名の元の競り合い。スタート前から既に戦いは始まっているのだ的な雰囲気がビンビンに醸し出されていたので今回はペースアップされるであろう3周目で「展開を作る、得意なレース運びをする」のを目標に。Aチームは僕、石橋さん、榎原、新倉、日野の5人。僕はハイペース維持が苦手だけど、傾斜路と急な加減速とコーナリングは得意。しかし先頭に出ないとそもそも話にならないので3周目初っ端から前に出るつもりでスタート。5kmまでは良いペースで引いてもらい、3周目入るところからスッと前に出てさあ勝負。坂を登り切ったところで新倉と並走になりペースアップについてきた後続が前に出る。先頭の日野の後ろに位置取って13号館のコーナーで急加速しつつまた前に出る。そこから石橋さんと2人になったから様子見ながら平坦直線は抑え気味に、下りと登りは突っ込んで千切ろうとするもしっかりついてくる。残り1kmくらいの平坦(12号館から6号館までの直線のところ)で石橋さんにちょっと先行されて「あ~ついていこうかな絶対そっちの方が楽だな」と思ったけど今回の目標は「レースを作る、自分のレース展開に持ち込む」ってことを思い出して甘えを断ち切って前に出て最後500m。ターンで急加速してみるもついてこられたので「(ロングスパートか最後まで競ってスプリント勝負どうする?→いつもならスプリント、でも今回はこのまま先行したまま勝ちたい→じゃあロングスパート)」って考えて、噴水の直線に入ったところから全開ロングスパート。ダッシュし始めて100mくらいのところで振り返って「(さあ!競りましょう!!!!!)」って思ったら付いてくる気がなかったらしく置き去り、見なかったことにして最後まで頑張って終了。最終周回8'15くらい。うお~~~~~~~~~~~~~やり切っっっっっっっっっっっっっっっっった。気持ちいい~~~~~~~~~~~~~~~~。。。。。しばらく余韻に浸って終了。合宿とかは無しにまともにラン練習したのが7/8振りで、その時の12.5km走のラップが10'39/10'18/9'50/8'51/8'25だったからめっちゃ不安だったけど正味4カ月走ってなくても2.5kmを3'20ペースで押して走れるという事がわかって収穫あった。YDK。

 

・幹部お疲れさまでした会

→キツさ10。死んだ。

 

 

 

---------------

11/29 9:12