学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2017/12/12「苦しい場面でこそ重要」

12/12(火)

2:30寝6:30起。寝坊した。朝食はカップスープ(オニオン)。昼食はコーヒー。晩ご飯はコーヒー。

昨日いろいろあってテンション超低空飛行。メンタルもボロボロなので記事の内容もそれに即していますという断りを先に入れておきますね。ご了承。

まあ寝坊するまで夜更かしするような原因を作った自分が悪いんですけどね。素の僕というか昔の自分というかテンション低いときの僕ってこういうスーパー卑屈な、ただただ鬱陶しい皮肉屋なんですよね。正直こういう自分は嫌いだし見せたくないし見せるべきでもないと思っているので平生を装っていますけど、こういう自分も見せかけの自分もどちらも紛れもない自分なのだから、ゆるしてあげないと救われないし報われないよね。自分に後ろ指を指されない自分でありたい。文字通り。どうせこの言葉も僕のこの気持ちも人に100%正確に伝わることなんて絶対にありえないことだけど、書くことにはきっと意味があると信じているのでこう文章化しています。誰かに見せるためのブログでもあるけど根本的には自分のためのブログなので。こういう事を書くと東洋経済のとあるエッセイを思い出して余計に心が荒みます。

「「ポエムの対義語は自虐です」」。

ウッ.......(白目)。

 

 

・朝バイク 20km 自走

→キツさ6。外気温5℃、終始強い向かい風、遅刻気味と三重苦。つらい、いろいろ重なってクるものがある。実は12/11にもバイク漕いでいて、1周1.4kmくらいの周回コースをくるくる回るエンデューロにこそっと入って45分ほど良いペース維持からの1時間くらい空けてまた30分くらい良いペース維持みたいな練習をしたんだけどまあキツかった。普通に頑張ってレースペースくらいで漕いでいたから疲れたのはもちろん、ちゃんとしたレースだからもちろん他のライダーたちと一緒に走る訳で正直めちゃくちゃ怖かったしずっと落車したらどうしようって緊張してた。やっぱり実力のわからない人とドラレースで走るの怖すぎる。「自転車のレース出ないの?」ってよく聞かれますけどこういう訳で怖いから出たくないです。個人タイムトライアルみたいな完全個人で競う大会だったら出てみようかなって気はするけど普通のレースは、、うん。ごめんなさい。何の話だっけ。忘れた。まあ良い天気の中凍えそうになりながら向かい風に抗っていたような覚えはある。

 

・朝スイム

w-up 400*1 skps

kick 100*2 UW 2'00(1'53,1'57)

swim 100*3 1'25(1'17,1'20,1'22)

set menu

 kick 50*4 1'05('59,1'02,1'03,1'05)

 swim 300*1 400mTTRP(4'26)

 kick50*3 1'05(1'01,1'03,1'05)

 swim 200*1 400mTTRP(2'58)

 kick 50*2 1'05(1'02,1'05)

 swim 100*1 400mTTRP(1'27)

 kick 50*1 1'05(1'03)

 swim 50*1 hard('36)

 毎swim-kick間で20秒ないし15秒rest

down 200*1

→キツさ8.5。5コースで榎原と一緒。身体の調子は悪くないけど気分が最悪だから気持ち上がらず惰性でメニューこなした。「ハイ次これ、回れたハイ次。ハイハイハイ。」みたいな。キックから緩く。スイム100m3本ショートサークルは両隣コースの石橋さんと聖奈と隣の榎原とで1'25サークルで競り合うだろうなあというのは予感していたから先着する意気込みで。3本とも先着だったし良いタイムで入れたので結果オーライ。本当はもうこの時点で今日は上がろうかと思ってたけなんだかバツの悪い感じがしたので仕方なくセットメニューをすることに。メインセットはキック+スイム。元々のメニューはswim-kick間のレストが30秒だったけど20秒ないし15秒に変更。レストが長いと気持ちが垂れるのが嫌。最後のキック50m1本とスイム50m1本間のレストは10秒なかったかな。気を付けたところはキックが苦手だから何が何でも1'05サークルを死守すること、あとスイムはレストあるから突っ込み気味に入ること。これも聖奈と榎原とで競る感じになって、キックはおざなりだった(一応サークル死守というノルマは守れた)けどスイムは現状ほぼ最高に近いパフォーマンスで泳げたと思う。後半のキックスイム2セットは榎原と抜け出して二人で競る展開になったのでスイムでは必ず先着すること、自分の得意な後半追い上げでない先行逃げ切りで勝つことの2つを目標に設定。スイム100mは25m-50m間で身体半分くらい先行されたけど先着は達成、最後のスイム50mは終始先行&先着できたのでOK。まあ許される範囲の及第点でしょう。負けたら泣いてたけど。いつだってそれくらい真剣にやっているよ。張り合いのある良い練習になりました。

余談になるんだけど、僕は「練習はお手軽に悟りができる1つの方法」だと考えているのね。そもそも何故こんな話をするのかと言うとじゃあ「なんであなたはトライアスロンをやっているの?」っていう質問に対して「これ!」という答えを持っているだろうか。「なんでそんなに辛くて苦しい練習をしているの?」という質問に胸を張って言える理由を持ち合わせているだろうか。

確かに練習は苦しい。レースはもっと苦しい。

それなのに、なぜ、泳ぐ?漕ぐ?走る?

それは、今の問いは、「苦しい場面でこそ重要」ということです。

 練習中やレース中に思うことなんて決まり切っていて「辛い、苦しい、キツい」くらいしかない訳ですよ。それでも、そう思っていてもなお考えることこそが自身の真理。真理は頑張る(頑張れる)理由にも理屈にも理念にも成り得るので、悟っておいて損はないですよ。まじで。

僕の中の真理は「勝ちたい」、「優越感を得たい」、「認められたい」、「必要とされたい」、「赦されたい(許されたい)」とかですかね。こういう真理が見えてくると自分という人間の輪郭がはっきりするので僕の場合は余計に嫌悪が増してため息が増えるんですが、まあ少なくとも普通の人の場合では良い方向に事が運ぶと思いますのでぜひ。そしてみんな悟ってその真理なり思惑を文章化して公開してください。特に大切なのは「文章化(言語化)」という部分です。もっとみんな文章書いて。おねがい。

以上です。

 

 ・昼バイク 20km 自走

→キツさ3。緩く。緩すぎた感はある。

 

 

f:id:imkotaro:20171212212119j:image

 さっきスタバでコーヒーを買ったら一言頂いたんですが、あの、その、僕、ニット帽してないんですけど.......。

というオチです。はい。

 

 

---------------

12/12 21:41