学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2018/2/24「(アホ面)」

2/24 (土) 朝食はピェンロー。昼食(間食)はトッポ。晩ご飯はこれから。

 

・朝バイク 12:00~12:45 20km 自走

→キツさ6。シャコシャコ。

 

・昼バイク 14:20~15:50 45(?)kmくらい 6人

→キツさ8。昨夜に「明日の昼にリハビリライドするので誰か付き合ってください」という旨のLINEを流したところ2人釣れたのでワクワクしていたら直前で3人増えて計6人に。こんなはずでは...。まあ多いに越したことはないしどうせならみんなで行こうというノリで宮ケ瀬へ。勝磨(B-)くん、陽和(C)さん、日野(A-)くん、光(B+)さん、私(A)、石橋(A)さんの6人。()内の記号は雰囲気的下馬評です参考までに。

あと1ヶ月ちょいで新学期になりいよいよ新入生が入ってくる訳です。すると今の一年生は二年生になり新入生からは先輩とした頼りにされる(かもしれない)ので、今のうちにパックを牽けるようになろう!という口実を元に1年生に牽かせました。いやだって私の為のリハビリライドですし。文句は言わせません。こじつけの理由に従って頂き宮ケ瀬途中まで牽いてもらいました。信号前でハンドサインしなきゃと思っていたら横から車が割り込みしてきて焦ったら自分の運転が疎かになる、という初心者あるあるを温かい目と厳しい叱咤で手解きしたりしなかったり。私はいつかの自分をみるようであまり強くは言えませんでしたがまあそこは人に依るみたいですね。面白かったです。

さて問題の土山峠。1年生のゆっくりペースだったのでほぼ全員臨戦態勢。正直なところ土山峠ではあまり負ける気がしないのでそこまで気負わず、とりあえず前に出た人に付いていって3人か2人に絞られるまで我慢、少しペースが落ちるか最後の大きな右カーブに差し掛かったタイミングで出るつもりで。峠に入って残ったのは私、日野くん、光さん、石橋さんの4人。光さんはそのうちずるずる落ちるだろうから無視でいいとして、石橋さんが本気出すとまずい。とりあえず後ろに付くか、と思っていたら日野くんがスーっと前に出てくれたのでその後ろに石橋さんが入ってその後ろに私。事が上手く運びすぎて困る楽しすぎる。しばらくペース一定で走っていると石橋さんがしびれを切らしたのか先頭に出て若干ペースアップ、のちにまたペースが落ちたタイミングで「ここだ!」と思ってススーッっと前に出る。100m程頑張って後ろを向くと全くついてきていなかったので呆気なく決着、そのままゴールまで流して終了。予定通り過ぎた。1位私、2位石橋さん、3位日野くん、4位光さん、5位勝磨くん、6位陽和さん。よく頑張りました。

その後に宮ケ瀬1周(7kmくらい?)だけ。ここでは私、日野くん、光さんがパックになってローテする雰囲気に。往路は私→日野くん→光さん→私という順番で(主観的)強度は回すだけなら余裕だけどローテに遅れられるとちょっとムカつく、くらい。まあ私もそこまで上手い訳ではないので強くは言えないけど、二人とも回すのに慣れてない印象。往路に限って言えば(順番的な理由もあるけど)日野は自分のローテに入るのが遅い。気の短い人が前にいたら「ここ早く入れ!」「後ろ遅い!」とか言われるかもしれない。私が思う改善点としては、下がる列に入ったらちゃんと落ちる。んでなるべく早く前に人の後ろに付く。前に出るのが遅いのはつまり流れに乗れていないということなので、自分の前にいる人が上がる勢いを上手く貰えるように立ち回ればいいかなと思う。まあこればかりは慣れもあるけど頑張ってくれとしか言いようがない。

光さんは頑張り過ぎ。無駄に前を牽くばかりに自分だけ疲れている感じがした。ローテで先頭を牽く前提として自分の後続が付いていること、そして適切な上がる流れに乗っている(作っている)ことの両立が重要。後ろはいいとして、まず流れに乗れていない。自分の前走者が既に落ちるラインに入った時点でまだ上がっている途中。そりゃ疲れるよ。これも同様でなるべく早く落ちる、前走者の後ろに付いて流れに乗る。あと上がっている時に頑張りすぎないというか楽をするズルがあって、上がり切らずに強引に落ちるLINEに入ってしまうという手がある(めっちゃ危ないけど)。落ちるラインの人はブレーキをかけて入れてくれるはずなので、無駄に頑張るよりはズルして楽した方が良い気。まあ気心が知れた相手同士の場合でやってねとは言っておきました。下り基調ということもあり、ぎこちなくも一度も止まらずに回して折り返し。

復路は登り基調なので勝負どころ。変わらず3人でローテ、順番が変わって私→光さん→日野くん→私。さっきよりはスムーズに回っているかな?でも光さんが疲れているのか多少つっかえている感じ。強度は変わらなかったけど峠が響いたのかローテが回らなくなり2つ目の橋~3つ目の橋間は私が一定ペースで牽く。日野くんに「(出てくれないかな~)」という意思表示のチラ見をするもガン無視、こういう図太さ素晴らしいとても強い。3つ目の橋を過ぎて最後の登りに差し掛かるあたりまで少しローテ再開するも光さんが厳しそう、見兼ねて私が前に出てペースアップ。日野くん付いてくる、ここが勝負どころだと踏んで一気に上げる、千切って単独で登り切ってそのままゴール。オッシャ。

f:id:imkotaro:20180224232504j:image

お疲れ様でした。手前から順に石橋さん、日野くん、私(アホ面)、勝磨くん、光さん。

寄せ集めの6人でここまで良い練習ができるとは!工夫次第で練習は幾らでも好転できますね、今回が良い例でしょう。長い春休みもそろそろ折り返しです。これを機にトライアスロンのバイクパートについてぜひ見つめ直して頂きたいところ。

 

f:id:imkotaro:20180224232525j:image

そして頑張っていた陽和さん。楽しそう(実際はメチャクチャ辛そうだった)。

 

・午後ラン 15:50~16:10 5km ジョグ

→キツさ5。クロカン2周+2.5kmコース1周。記憶が正しければラン練は去年の11月31日振り。3ヶ月弱も走ってないけどそれよりなにより危機感が一切ないのがやばい。やばいって言ってるけどやばいって思ってないのがまたやばい。やばいのかやばくないのかわからないね。どうでもいいですねはい。あとスイム練前にトッポ食べました。

 

・夜スイム 18:00~20:00 5750m 

f:id:imkotaro:20180224232535j:image

w-up 400*1 IM/skps

kick 100*3 UW

swim 150*3 b-up

kick 100*4 2'00

pull 100*4 1'35

loosen 

swim (400*4+200*1)*2 '50/3'00

down 200*1

→キツさ9。バイクランの疲労なのかキックターンの度に攣る。プルで脚を伸ばしていても攣る。ここまでくると笑えてくる。誤魔化しつつこなしてメインセット。元のメニュー通りにできる気がしなかったので若干変更して50m8本→400m1本に。でも50mで回れるところは極力回るように意識しつつ400mはbーupで。キリがいいところが集中が切れたらやめようと思っていたら日野くんに「途中でやめちゃダメですよちゃんと(メニューを)やってください」って言われて素直に「ハイ....。」と言ってしまったので諦めるのを諦めました。言われちゃったし返しちゃったのだから仕方がない。ガシガシ泳いでいたら最後の200mハードで急に腕が重くなり「アアア~~待って~~~~~~」ってなった。 そういうことです。はい。

こちらも2月1日振り約3週間空けてのスイム練ということで見事にダメダメでした。回ったサークルを覚える余裕がなかったので今回は書けませんでした。頑張ったから許してください。泳いでいて思ったのは、動きは鈍くない→でも身体は重い→いっぱい泳いで慣れましょう。あと単純に衰えてる。から、メインセットではb-upでひたすらMaxを叩くイメージでガシガシ泳いでいた。こういうハード系(100m8本2'30all hardとか)をちょこちょこ入れていけばまたすぐ元に戻ると思うので、春休み中に何回かやろうと思う。とりあえず今春は就活優先だから何とも言えないけど、最低限春休みに入る前の状態までには戻しておきたいかな。そんな感じです。練習後にプランク2分4回やって終わり、死ぬかと思った。

 

・夜バイク 20:20~21:00 20km 自走

→キツさ6。ホイールの感触を確かめるように。

以前(2/17)にホイールを新調してから適正な空気圧を探っていて、前回は確かリア8barのフロント7.5barで入れていた。まあ当日は晴れていたしほぼ平坦で風が強いとコンディションがわかっていたので敢えて強めにしたんだけど、今回は下げ気味でリア7barのフロント6.5bar。今日の方が幾分かしなやかになった気がする。

これは個人的な感想なんだけど、以前使っていたPA-2というホイールはスポークのテンションが低い+重い+まあまあ回るという感じだったから若干雑に扱ってもスポークテンションの低さや巡行のしやすさからある程度は補えていたんだけど、今使っているracing3はスポークテンション高い+(比較的)軽い+回るから、印象が全く違う。一言で言うと「機敏」?かな。フレームとの相性もあるんだろうけど、反応が良いからなのか加減速は非常に素直。巡行はクルクル回す人(ケイデンスが高い/緩めるときも足を止めずに回す人)には適しているかな、実際に私はそのタイプの人だから合っているのかもしれない。そしてフレームの柔らかさ(しなやかさ)がホイールの硬さを補ってくれている感じはあるので、以前よりも好みの乗り味になった。ついでに言うとタイヤも柔らかいやつを使っているので若干のタメがフレームとタイヤで作れるので私のなんちゃってスプリントにも一役買ってくれている...のかもしれない。まあそんなことを考えながら漕いでました。はい。

 

 

---------------

2/25 1:40

今日一日が長すぎた!!!!!お疲れ様でした!!!!!!!!!!!!ね!!!!!!!!る!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!