学生トライアスリート雑記

練習記録とレースレポートと+α

2018/6/24 2018関東学生トライアスロン選手権那須塩原大会

6/24

 

こんにちは。ありとあらゆる伝説級の話題の持ち主らしい則本です。風の無いところに波は何とやら、お陰様で会場では引っ切り無しに声を掛けて頂きまして。本当にありがとうございました.......。という事で6/26(土)に行われた関カレのレースレポートになります。
実は今シーズン1戦目。春先まではそこそこ練習をしていたものの、4月に入ってからは就活とかいう一大イベントに感けてしまい、あれよあれよという間に関カレ本番直前に放り出された感覚でした。就活は云わばあれですね、人生ゲームのストップマスみたいな避けて通れないやつです。そんな言い訳はさておき一年を通して最も緊張するレース、「関カレ」。インカレへの出場権が懸かっており、四年生としての示しや元主将のプライドや同期の想い等々、柄にもなく色々なものを勝手に感じながらの挑戦となりました。もちろん目標はインカレ出場権獲得(出走予定256名中上位70位以内)としましたが結果ははてさて。

 

result
total 2:09:42(70)
swim 24:15(94)
bike 1:03:04(60)
split 1:27:19(65)
run 42:23(88)

ギリギリもギリギリで目標達成!しかしながら「もし」「たら」「れば」を考えるとゾッとするような記録でした、情けない。以前の投稿でもチラッと書きましたが大会前日から全く調子が揮わず、私の気分とは対照的に凄まじい程に熱い快晴の中でのレースとなりました。不安はお得意の虚勢と冗談で吹き飛ばし、しっかりアップしても上がらない心拍に呆れながらスタートへ向かいました。

swim 24:15(94)
前から3列目、内側から4,5行目辺りに位置取り。近くにいた他大同期と健闘を祈り合い、程なくして号砲。第2ブイを過ぎた辺りまではパックの流れに乗るもペースアップに付いていけず。そこからは2~4人程度のパックに乗っては千切れ、乗っては千切れで疲れてしまった。2周回目に入る手前から丁度良いパックに入れて貰い、これを逃がすまいと踏ん張ってスイムアップ。

T1
調整池から上がってすぐ目の前の選手が「93位!」と呼ばれている。タイムをチラッと見ると「00:24:08」の表示。ああ、やらかした。「いやいや、まだ終わってないから。」と唱えてウェットを丁寧に脱ぐ。しっかり25秒ほど使いましたとさ。

bike 1:03:04(60)
split 1:27:19(65)
踏み出しで直感する調子の悪さ、脚が重い。それでもこのバイクパートでタイムを稼がないと何も見えてこないので頑張るしかない。下りは51~53km/h、平坦の行きは38~40km/h、平坦折り返してからは42~44km/h、登りは29~30km/hという感じで登りがひたすらに遅い。2周目の折り返し辺りで明大の三須とゴッチ、ノースの大志、Jの久山などが率いる「インカレ最終パック」感が漂う集団に遭遇し、それぞれと言葉少なに励まし合うも登りであっという間に引き離される。この時いちばん「ダメかもしれない」って思ったけれど、切り替えてやれることを最大限やるしかない、と。ボトルに入れたクエン酸とマグオン3つをしっかり補給して、中大の渡邊と木村にも挨拶してバイクアップ。

T2

応援から「65位!」の声。割と絶望的。それでもスタンスは変えずサングラスを取って走り出す。

run 42:23(88)
total 2:09:42(70)
自分でもビックリするくらい動かない脚を精一杯押し気味で走ったけれど、声援に応える余裕が全く無い苦しい10kmだった。特に砂利道1周目は一体何人に抜かされたか分からない。2周回目に入る辺りからようやくペースアップするも4'00min/km程でいっぱいいっぱい。応援に駆け付けてくれた先輩方からの「あと10人抜かせ!!」という声が嬉しくも悲しくて、それでも応えたくて。両脚が攣りそうなところを嗜めながら心身共にからがら最後の砂利道を走り抜け、MCの「70位!東海大学~」というアナウンスに安心してフィニッシュ。ギ、ギリギリすぎた...。
こんな感じで振り返ってみましたが端的に言って悲惨なレースでした。スイム泳げず、バイク踏めず、ラン走れず。ただ、潰れなかった。敢えて良かった点を挙げるならそれだけです。そんなこんなで上位70位(実質75位)までに与えられるインカレ出場権を獲得しました。99%くらいは応援のお陰です、本当に本当にありがとうございました。

 

さて、ここからは案内になります。インカレは9月9日(日)に香川県観音寺市で開催されます。「全日本学生選手権大会」という名に相応しく「学生一」を決めるアツい夏が今年もやって来る!私が所属する東海大学チームトライアスロンBOMBERからは男子3名、女子2名の計5名が出場します!皆それぞれの想いを胸にインカレに向けて真剣に取り組んでいますので、引き続き応援の程、どうぞよろしくお願い致します!

 

f:id:imkotaro:20180725171052j:image
f:id:imkotaro:20180725171108j:image
f:id:imkotaro:20180725171046j:image
f:id:imkotaro:20180725171057j:image
f:id:imkotaro:20180725171104j:image
f:id:imkotaro:20180725171030j:image
f:id:imkotaro:20180725171035j:image
f:id:imkotaro:20180725171041j:image
f:id:imkotaro:20180725171111j:image
f:id:imkotaro:20180725171118j:image
f:id:imkotaro:20180725171122j:image
f:id:imkotaro:20180725171126j:image
f:id:imkotaro:20180725171100j:image